車椅子のお店YUA|車いすの通販なら品揃え・サポート・安心のYUAで

YUA

商品検索

  • 全商品送料無料
  • スタッフブログ

ご利用ガイド

特定商取引法に基づく表記

プライパシーポリシー

送料について

サイトマップ

車椅子とシルバーカーのお店YUA > 車椅子一覧 > 車椅子の選び方

車椅子とシルバーカーのお店YUAにお越しいただきありがとうございます。
ここでは車椅子の選び方をご案内させていただきます。
車椅子の種類やサイズなどでお悩みのお客様はぜひ一度目を通してくださいませ。

車椅子の様々なパーツの名前をご紹介します。

車椅子の名称

車椅子の各所名称

@バックサポート

背もたれのことです。
背中の形に合わせて調節が可能な背張り(テンション)調節が可能な物もあります。

Aアームサポート

肘かけ。姿勢を保ったり、立ち上がりの支持などに使用します。
跳ね上げ(可動式)のものや、上下式、取り外し式の物もあります。

Bサイドガード

裾やスカートなどの衣類の巻き込みや汚れ防止のカバーです。

C座シート

座面のことです。
張りの調節が可能な物もあります。

Dレッグサポート

足が後ろに落ちないようにふくらはぎ付近をささえます。

Eフットサポート

足置きです。乗り降りの際には一般的に上に跳ね上がる物が多いです。

F前輪キャスタ

前輪のことです。
一般的に後輪と比較し小さなものが多く6インチが主流で360度回転します。

G手押しハンドル

介助者が車椅子を動かす際に使うグリップハンドルです。

H介助ブレーキ

介助者が使用するブレーキです。主に坂道等で使用されます。
平坦な場所ではあまり使用されませんので、介助ブレーキなしの車椅子もあります。

I背折れジョイント

車椅子の背もたれを折りたたむ機能です。
高さを折りたたむことで、コンパクトに収納が出来ます。
背折れ機能がついていない車椅子もあります。

J駐車ブレーキ

車椅子を停止、乗り降りの際に使用するブレーキです。

Kティッピングレバー

段差の乗り越えで前輪を浮かせたい時に、 介助者が足をかけて踏み込むためのレバーです。

L駆動輪(後輪)

自走式や電動タイプ車椅子の駆動用車輪、または介助式車椅子の主車輪です。

Mハンドリム

主に自走式の後輪タイヤ(駆動輪)についており、 手でこぐ時に使用するリングです。

●車椅子の種類
車椅子は様々な種類があります。利用用途や場所などに応じてお選びください。

自走式車椅子(ブレーキあり)

自走式車椅子(介助ブレーキあり)

自走式車椅子は最も一般的に使用されている車椅子です。 車椅子に乗る人がハンドリムを回して移動出来ます。
介助ハンドルにブレーキがついているので、坂道などでも安心です。
自分でこいで、介助ブレーキ付きのため
自走介助兼用車椅子と表記する場合もあります。

◎おすすめ

自分でこいで移動できる腕力のある方におすすめです。
後輪が大きいので多少の段差は介助式より乗り越えやすいです。

×デメリット

ハンドリムの分、全幅が広くなりますので小回りが利きません。
狭い場所での使用には全幅+約10cm(手の幅)程度必要です。

自走式車椅子(ブレーキなし)

自走式車椅子(介助ブレーキなし)

病院やスーパーなどでよく使用されている、介助ブレーキのない車椅子です。
重量の重いスチール製の物が多く、持ち上げることがない広い場所での使用に適しています。
お値段は安価な物が多いため、一時的な利用などにもおすすめです。

◎おすすめ

自分でこいで移動できる腕力のある方におすすめです。
ブレーキがないので持ち上げることがない場所での使用に最適。

×デメリット

ハンドリムの分、全幅が広くなりますので小回りが利きません。
スチール製の場合は重量が重く、車などへ持ち上げる際には注意が必要です。

介助式車椅子

介助式車椅子

後輪車輪が小さく、ハンドリムがついていない車椅子です。
自分でこぐことがなく、介助者が押して移動します。
一般的に介助ブレーキがついている物がほとんどです。

◎おすすめ

自走式と比較し、コンパクトで軽量です。狭い場所でも小回りが利きます。

×デメリット

ハンドリムがないため、車椅子に乗る方が動かすことは出来ません。

簡易・携帯用車椅子

通常の車椅子より一回り小さく、軽量でコンパクトに折りたためる車椅子です。
外出や旅行など、一時的な利用に適しています。

◎おすすめ

ちょっとした外出時に使いたい方などにおすすめです。

×デメリット

軽量・コンパクトさを重視したものですので、 一般的な車椅子に比べ、振動などが伝わりやすく長時間の利用には適していません。

リクライニング車椅子とは

車椅子の背もたれのみを倒して使用できる車椅子です。
背もたれに体を預けられるため、お尻や太ももへかかる負担を軽減し、リラックスしてご使用いただけます。
フルリクライニングタイプは、簡易ストレッチャーとしてもご使用いただけます。

ティルティング車椅子とは

車椅子の座面と背もたれを一体(背もたれと座面が連動)で倒して使用できる車椅子です。
リクライニング車椅子では体がずれてしまう方でも身体のズレを防ぎながら耐圧分散がしやすい車椅子です。

ティルト&リクライニング車椅子とは

リクライニングとティルト機能を兼ね備えた車椅子です。
車椅子の調整可能角度に応じ、リクライニング角度、ティルトの角度を変更できます。

◎おすすめ

一般的な車椅子では身体がずれやすい方、身体の姿勢を変えたい方、
体圧分散にも優れておりますので、褥瘡予防や長時間座っているとお尻などが痛む方などにもおすすめです。

×デメリット

基本的に大型となりますので、利用する場所はある程度の広さが必要です。

軽量車椅子とは

車椅子は利用される方の体重をささえる強度が必要なため、ある程度は重い物です。
現在は自走式で12kg程度であれば一般的に軽量タイプと言えますが、 超軽量タイプは10kg以下と大変軽量になりました。
一般的には軽量であればこぎやすく持ち運びがしやすくなりますので、 多くのメーカーが軽量タイプの車椅子を発売しています。
しかしながら車椅子は重量だけでは比較出来ません。 ご購入やレンタルの際は必要な機能を見落とさないように注意が必要です。

◎おすすめ

持ち運びの機会の多い方や、腕の力が弱く車椅子を出来るだけ軽くしたい方におすすめです。

×デメリット

大きなデメリットはありませんが、軽量なため、一般的な車椅子と比較し安定感は少々劣る可能性があります。

●車椅子の機能
車椅子にはご利用者様の必要に応じた細かな機能があります。

車椅子のアームサポート(肘置き)の機能について

◆◆肘跳ね上げ機能(アームサポートウィング)
アームサポートを座面から外し、後方へ跳ねあげられる機能です。
また、取外し可能なものや、上下式の物もありますが、いずれもベッドなどへの移乗の際に便利な機能です。

車椅子の脚部の機能について

◆◆脚部スイングアウト機能
脚部を左右に開閉したり、取り外したりできる機能です。
通常、一般的な車椅子は脚部のフレームが固定されており、 フットサポート(足置き)の部分だけが上にあがる仕様になっていますが、 脚部スイングアウト機能がついている車椅子は、 ベッドやトイレなどの移乗の際に脚部が回転し、邪魔になりません。

◆◆脚部エレベーティング機能
脚部をリフト出来る機能です。
骨折などで足を真っ直ぐに延ばしておきたい方に最適です。

ブレーキ機能

◆◆介助ブレーキとは
自転車と同じように、介助者がハンドルグリップを握るとかかるブレーキの事です。
駐車ブレーキと連動して止まる連動式のブレーキや、 ブレーキドラムの内側から制動するドラム式ブレーキ等があります。
連動式の場合、車輪の外からタイヤを押さえて制動するため、 エアタイヤの空気が抜けていたり、雨の日などにはタイヤが滑りブレーキの利きが悪くなります。
ドラム式の場合、タイヤの内側から制動する為、 雨の日などで車輪がすべる場合などでも制動しやすいブレーキと言えます。

◆◆駐車ロック機能
介助車がしゃがまずに駐車ブレーキをかけられる機能です。
介助者の腰への負担を軽減します。

◆◆足踏みブレーキ
車椅子の足元に駐車ブレーキがついた機能です。
リクライニング車椅子などについており、介助者の腰への負担を軽減します。

◆◆自動ブレーキシステムとは
利用者が立ち上がると、自動で駐車ブレーキがかかる座面のシステムです。
駐車ブレーキをかけ忘れたまま座ろうとしてしまうと、 車椅子が後方に動いてしまい大変危険です。
自動ブレーキシステムがあれば、立ち上がるだけでブレーキがかかりますので、 転倒リスク(ヒヤリハット)を事前に防止してくれます。
駐車ブレーキをかけ忘れてしまう方や、 力が弱くてブレーキをかけることが困難な方にもおすすめです。

背もたれの機能

◆◆背張り調節機能とは
背中の曲がり具合などに合わせて背もたれの張りを調整できる機能です。
体に合わせた張りの背もたれにすることが出来ますので、 真っ直ぐの背もたれでは、身体が斜めになってしまう方(円背・側彎)などにおすすめです。

◆◆背折れ機能とは
車椅子を使わない時に背もたれを折りたためる機能です。
アルミ製の大部分の車椅子に備え付けられており、 車椅子をコンパクトに置いておきたい時や、車に積み込みたい時に便利な機能です。
この機能はスチール製にはついていないことが多いですが、 これは、スチール製の車椅子が持ち上げることが少ない、 重量のある車椅子であることから背もたれを畳む機会がないためです。

●車椅子のサイズ

シート幅(座幅)の選び方

車椅子も洋服と同じようにサイズがあります。
シート幅は、車椅子を使う方に合わせてお選びください。
お尻に対して車椅子が大きすぎると体が安定しませんし、 狭すぎると、車椅子が太ももを圧迫してしまいます。
選び方は、お尻の幅+3〜5cm程度を目安にされてみてください。 ※クッションを使う場合は、クッションの厚みを考慮してご検討下さい。

前座高の選び方

前座高とは、車椅子の座面の高さのことです。
通常、車椅子を使う方の足の長さに合わせて選びます。
前座高が高すぎると、立ち上がりやすくなりますが、 座る際に座面にぶつかってしまう可能性が高くなり、 低すぎると立ち上がりがし辛くなります。
【高床】【中床】【低床】などとカテゴリー分けしているメーカーもあります。
ご利用される方にちょうどいいサイズをお選びください。
選び方は個人の使いやすさにもよりますが、 利用者様の膝下から床までの高さ+5〜8cmが目安とされています。
※足で車椅子を転がして移動されたい場合には、 +0〜2cm程度で、しっかり床に足が付く高さがおすすめです。

●車椅子の車輪について

エアタイヤとは

自転車と同じように、定期的に空気を入れる必要がある昔ながらのタイヤです。
クッション性が良いため振動が伝わりにくく、乗り心地の良いタイヤです。
英式、仏式、米式のバルブがあり、ホームセンターなどでご購入いただけます。

◎おすすめ

車椅子の乗り心地を重視される方におすすめ。

×デメリット

パンクする恐れがあります。 また、定期的に空気入れなどのメンテナンスが必要です。

ノーパンクタイヤとは

パンクや空気抜けせず、メンテナンス不要な便利なタイヤです。
タイヤの種類にもよりますが、エアタイヤと比較し、 固めのタイヤになりますので乗り心地は劣ります。

◎おすすめ

普段使いせず、備品などに置いておく場合にはノーパンクタイヤがおすすめです。

×デメリット

固めのタイヤですので、地面の振動を感じやすいことがあります。

車輪のサイズ

自走式の主な後輪サイズは20・22・24インチです。
最も多いサイズは22インチです。
介助式の主な後輪サイズは14・16インチです。
最も多いサイズは16インチです。
車椅子は一般的に車輪が大きいほうがこぎやすく、
段差などの障害物が乗り越えやすくなりますが、
大型になりますので、小回りが効きづらくなります。

転倒防止バー

車椅子が後方に転倒しない様、リスクを軽減する機能です。 車椅子の後方、主にティッピングレバーの先についています。
体のバランスがとりづらい方や、酸素ボンベを車椅子に取り付けているなど、 車椅子が後方に倒れるリスクのある方におすすめの機能です。
一般的な車椅子についているものではありませんので 必要な場合は、車椅子に初期装備されているものか、 別途取付可能かお確かめの上ご検討下さい。(対応不可の機種もあります)


車椅子選びのワンポイントいかがでしたでしょうか。
ご利用者様が病院などに通院されている場合は、
ぜひ一度病院の先生などにご相談頂き、
ご利用者様に適切な機能をご選択くださいますようお願いいたします。

当サイト内に掲載の画像・文章の無断転載を禁じます。copyright© 2021 YUA. All rights reserved.